代表メッセージmessage

整体師という仕事との出会い

中学3年生…その当時、野球少年だった私は毎日こんな事を考えていました。
この痛みは無くなるのだろうか?試合には出れるのだろうか?活躍できるのだろうか?

肘の怪我による故障からなかなか眠りにつけない日々を過ごしていました。

怪我が治らず、沢山の整形外科や治療院に行く毎日。来る日も来る日も痛みの事ばかり考えていました。
もう私は野球ができないのだろうか?将来はどうなるのだろうか?もっと痛くなるのだろうか?

夜、一人になると考え事ばかりで野球をするのも嫌になっていました。

そんな時、母親がある整骨院を紹介してくれました。それが後に私が修行することになる整骨院でした。

その先生はとても明るく、元気いっぱいの若い先生でした。その先生は私の身体を詳しく診てくれてこう言ってくれました。
『大丈夫、すぐに治るよ!』と。
そこで先生に治療計画を立ててもらい、施術をしてもらうと驚くほど怪我が良くなり、さらに計画に沿って治療を進めることにより完治に至りました。

今まで何をやっても良くならなかった怪我が治った。それからボクはこの世界にのめり込みました。

患者様に良くなって頂き『ありがとう』と言ってもらえる。こんな仕事は他にはないと…。

私は医療学校を卒業し、すぐにその整骨院で働かせてもらえることになりました。
休みなく勉強して、暇さえあればその先生のカバン持ち。たくさんの技術を学ばせてもらいました。

想いを繋ぎ、未来へ繋ぐ治療家へ

その先生は口癖の様に『治療家である前に人としてどうあるべきかが大切だ。そして、どこに原因があるかを的確に判断することが大切だ。』といつも話してくれていました。

ふと周りの整骨院を見渡すと治療家であることに慢心し勉強をやめる先生や本当にどこに原因があるかも分からず、的確に施術ができない先生がたくさんいることに気づきました。

やっぱりこの先生はすごい!一緒に全国に素晴らしい治療家を育成し、世の中の痛みで困っている人に貢献していこうと一緒に意気込んでいました。
そんな矢先、先生が亡くなられてしまいました。
癌でした…。

健康が全てではないかもしれません…。しかし健康を失うと全てを失う。まさにそのことを最後の最後に教えていただきました。
残された私に何ができるだろうか?考えた末に辿り着いた答えはやはり1つでした。

私が先生の想いを継ぎ、全国に素晴らしい治療家を育成し、身体の不調で困っている人を助ける。

徳島から日本を元気にするために、整骨院業界をさらに良くするために。約束を守れる治療家になるために。

それが、とくしま整骨院の生まれたストーリーであり、存在意義です。

業界No1を目指して一緒に働きませんか?

にほん整体株式会社代表取締役
笹木翔平